fbpx

準備編|スプレッドシートでGoogle Search ConsoleのRAWデータを取得する方法

今回は、スプレッドシートとAppスクリプトを使用して、Google Search Console APIからパフォーマンスレポートのRAWデータを取得する方法をご紹介します。
こんな悩みをお持ちの方に良いかと思います。

  • 日付 / 国 / クエリ / デバイスなど、管理画面からダウンロードできない組み合わせで実績を抽出したい
  • 配布されているスプレッドシートのアドオンでは抽出出来ないデータを見たい。特に過去へ遡ったデータ。(私の環境ではできませんでした)
  • データベースを部門で扱えないのでスプレッドシートにサクッとデータを抽出したい
  • 分析ツールに読み込ませる為にcsv出力が必要

機能一覧

  1. 指定した期間の実績を抽出
  2. 日次バックアップ
  3. 抽出したデータを指定したGoogle Driveフォルダにcsv保存

使用するツール・環境

  • Google スプレッドシート
  • Google App Script
  • Google Cloud Platform

それでは、作り方に入っていきます!

作り方

スプレッドシートの用意

こちらのURLからスプレッドシートを開き、ご自身のGoogle Driveにコピーを保存してください。
ファイル > コピーの作成

Google Search Console RAW Data Export
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1RHTO9NKfvca1GqFPQJcK3DZkqtKr_pd6LuRi6aYwt7A/edit?usp=sharing

Google App Scriptの準備

今回はGoogle App Scriptを活用します。
コピーしたスプレッドシートを開き、スクリプトエディタを立ち上げます。ツール > スクリプトエディタ

Screen-shot-of-launching-script-editor

プロジェクトのプロパティから“スクリプトID”をメモしておきます。
ファイル > プロジェクトのプロパティ

Script Property Menu

Google Cloud Platform プロジェクトの設定

Google Cloud Platformにて、OAuth2.0を使った認証情報を作成します。
App ScriptのOAuth2.0のライブラリは既に追加されている状態です。

まずは、使用するGoogle Cloud Platformのプロジェクトとスクリプトを紐付けます。
Google Cloud Platformを開き、任意のプロジェクトを選択もしくは作成し、”プロジェクト番号“をメモします。

GCP PJ Number

スクリプトとGoogle Cloud Platformを紐付けます。
スクリプトエディタに戻り、Cloud Platform プロジェクト メニューを開きます。
先ほどメモをした”プロジェクト番号“を入力し、”プロジェクトを設定“を選択。
リソース > Cloud Platform プロジェクト

GCP PJ and Script Binding

Search Console API の設定

Search Console APIの設定に入ります。Google Cloud PlatformのAPIライブラリを開きます。
APIとサービス > ライブラリ

GCP API and Service

検索窓にて”Google Search Console API“を検索します。

Search Google Search Console API

“有効にする”を選択してAPIの使用を開始します。

Apply GSC API

認証情報の作成

Search Console APIを有効にすると、以下の画面が表示されたかと思います。ページトップに表示されている、”認証情報を作成”を選択します。
*表示されていない場合は、メニュー > APIとサービス > 認証情報 を選択。

Start creating OAuth client

必要な認証情報の種類を調べる“内の”クライアント ID“を選択してください。

OAuth Client menu

以下の内容で設定をし、”作成”を実行します。
ここで、メモしておいた”スクリプトID”を”認証済みのリダイレクトURI”内に書き換えます。

  • アプリケーションの種類 : ウェブアプリケーション
  • 名前:Search Console (*任意の名前を設定してください。)
  • 承認済みのリダイレクト URI : https://script.google.com/macros/d/{スクリプトID}/usercallback
Create OAuth Client ID

完了ポップアップが表示されます。
ここで表示される“クライアント ID””シークレットキー”をメモしてください。
※これらのキーは他人に共有しないように保管してください。

Complete OAuth Client ID

スクリプトに戻り、スクリプト名”Variable.gs”を書き換えます。
先ほどOAuth認証情報発行でメモした”クライアント ID”と”シークレットキー”を書き換え、保存。

var CLIENT_ID = 'YOUR_CLIENT_ID';
var CLIENT_SECRET = 'YOUR_CLIENT_SECRET';

Variables Setting

以上で、認証情報の作成が完了しました。

いざ、実行!の前に・・・

スプレッドシートに戻り、使用可能なSearch Consoleのプロパティ一覧を取得します。
Search Console > List Account Sites を実行します。

Initial run at List Account Sites menu

初回実行時、このような認証画面が表示されます。
ご自身のGoogleアカウントが表示されていることを確認して、アカウントを選択。

account select popup

このようなポップアップが表示されます。
URL全文(画像では隠している箇所も含めて)コピーしてOKでポップアップを閉じた後、別のタブでコピーしたURLを開きます。

callback url popup

先ほどと同様に認証画面が表示されるので、アカウントを選択します。

OAuth second permission

“(任意のPJ名)への権限付与”を求められるので、”許可”を選択

OAuth second permission confirm

最後にもう一度確認が入ります!笑
こちらも”許可”を選択してください。

OAuth second permission re-confirm

これで初回認証の完了です!

テスト実行

これで全ての設定が完了し、晴れてスクリプトを実行できる様になりました!
再度、List Account Sitesを実行します。
アカウントにアクセス権が付与されているプロパティーの一覧が表示されることを確認し、設定完了となります。
Search Console API> List Account Sites

Account List Sites

使い方

長くなってしまったため、使い方は次の記事で紹介します。では!

参考にしたサイト